CONCEPTコンセプト

世界自然遺産の森

世界でも貴重な希少種・固有種の保全に重要な地域として、また生物の多様性が評価され、
2021年に「奄美大島、徳之島、沖縄本島北部および西表島」が世界自然遺産として登録されました。
沖縄本島北部のことを地元では「やんばる(山原)」と呼ばれ、亜熱帯の森が広がっています。
この森の奥深くに宿泊して自然を体感できる施設が「やんばる学びの森」です。
コンセプト
コンセプト
コンセプト
施設周辺の自然環境について

施設周辺の自然環境について

当施設のあるやんばるの森は、湿潤温暖な亜熱帯海洋性気候により、
南方系と北方系の入り混じる独特の植物相で構成されています。

そこに棲息する動物たちの中には、古い時代に中国大陸から渡り、
それぞれの島で地理的隔離によって、独自の進化を遂げたものと、
近隣地区では絶滅し、この地域にだけ生き残った固有の動物たちがいます。

ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネ等は世界中で、
やんばるにだけ生息する固有の動物で、
やんばるの森では今なお、その姿を観察することが出来ます。

施設周辺の自然環境について

学びの森の環境を次世代へ

当施設は、施設を訪れる人たちと、
やんばるの自然の橋渡しをしたいと考えています。

やんばるの自然を正しく理解し、保全するためのジンブン(知恵)を
様々な人たちで共有し、広めるための拠点施設としての役割を担っていきます。

学びの森の環境を次世代へ